申請書・届出書ダウンロードサービス
 
札幌市融雪施設設置資金融資あっせんの申込
手続きの仕方
 ●個人融資・・・申込書に記入・押印し必要書類を添付して、市役所8階雪対策室計画課または取扱金融機関本店・各支店まで申し込んで下さい。
 ●法人融資・・・申込書に記入・押印し必要書類を添付して、市役所8階雪対策室計画課まで申し込んで下さい。
 ●完了届出書・・・完了届出書に記入・押印し必要書類を添付して、市役所8階雪対策室計画課まで提出して下さい。

融資を利用できる方
 ●個人融資
   1 札幌市内に居住し、本人または本人の所有する住宅の敷地内に、固定式の融雪施設(融雪槽・融雪機・ロードヒーティング)を設置する個人。 
     (注)ロードヒーティング設置する場合は、歩道部分は融資の対象となりません。 
   2 融資を受けるときの年齢が満20歳以上で、返済終了時が満75歳未満であること。
   3 貸し付けた資金の償還について、十分な返済能力を有すること。
   4 取扱金融機関が指定する保証の措置を講ずることができること(保証料など)。
   5 設置工事は、当該年の12月末日までに完了すること。ただし、歩道を含むロードヒーティングの設置工事は、当該年の11月末までに完了すること。(融資申し込みの前に、既に融雪施設の設置工事の着手し、または工事を完了している場合は、対象となりません。設置工事は、必ず取扱金融機関からの融資決定があった後に着手してください)。
 ●法人融資
   1 札幌市内に事務所、店舗等を有し、原則として1年以上継続して同一の事業を営んでいる法人。
   2 法人が有している事務所、店舗等が所在する敷地内に、固定式の融雪施設(融雪槽・融雪機・ロードヒーティング)を設置すること。
     (注)ロードヒーティング設置する場合は、歩道部分は融資の対象となりません。 
   3 貸し付けた資金の償還について、十分な返済能力を有すること。
   4 取扱金融機関が指定する保証の措置を講ずることができること。(保証協会など)
   5 設置工事は、当該年の12月末日までに完了すること。ただし、歩道を含むロードヒーティングの設置工事は、当該年の11月末までに完了すること。(融資申し込みの前に、既に融雪施設の設置工事の着手し、または工事を完了している場合は、対象となりません。設置工事は必ず取扱金融機関からの融資決定があった後に着手してください)。
   6 市税を滞納してないこと。

融資の内容
 ●個人融資
   1 融資限度額・・・300万円(1万円単位)まで
   2 融資利率・・・無利子
   3 保証措置及び保証料・・・金融機関の定めるところによる(詳細は金融機関にお問い合わせください)。
   4 保証人・・・金融機関の定めるところによる(詳細は金融機関にお問い合わせください)。
   5 償還方法・・・元金均等月賦返済(取扱金融機関によりボーナス併用および繰り上げ償還可)
   6 担保・・・無担保
   7 償還期間・・・2〜5年のいずれか。
 ●法人融資
   1 融資限度額・・・一企業に対して300万円(1万円単位)まで
   2 融資利率・・・無利子
   3 保証措置及び保証料・・・金融機関の定めるところによる(詳細は金融機関にお問い合わせください)。
   4 償還方法・・・元金均等月賦返済(取扱金融機関により繰り上げ償還可)
   5 担保・・・金融機関の定めるところによる(詳細は金融機関にお問い合わせください)。
   6 償還期間・・・2〜5年のいずれか。
提出書類・融資あっせん申込書(個人)(Word形式, 58KB)
・融資あっせん申込書(個人)・記載例(Word形式, 72KB)
・融資あっせん申込書(法人)(Word形式, 55KB)
・融資あっせん申込書(法人)・記載例(Word形式, 59KB)
・完了届出書(Word形式, 34KB)
・完了届出書・記載例(Word形式, 35KB)
添付書類●個人融資の場合
工事見積書
設置位置図
・住民票 ※発行日から3ヶ月以内のもの
申込者の所得証明または源泉徴収票
本人確認資料(運転免許証等)
勤続年数確認証(健康保険証・在職証明書)
印鑑(口座登録に使用している印鑑)
※ 場合によっては、上記以外の書類が取扱金融機関で必要になる場合があります。
●法人融資の場合
工事見積書
設置位置図
・住民票(代表者の方のみ) ※発行日から3ヶ月以内のもの
・法人市民税の納税証明書
定款の写し
現在事項全部証明書
許認可などの写し(許認可が必要な事業の場合)
設置個所等の写真(申請住所と設置住所が異なる場合)
※ 場合によっては、上記以外の書類が取扱金融機関で必要になる場合があります。
●完了届出書の場合
工事写真(施工前・施工中・施工後が確認できるもの)
排水設備設置等確認書の写(公共下水道を利用する場合)
請求書
申請書(様式)サイズA4
提出時期●申し込み 4月中旬〜11月末日 ●完了届出書 工事完了後2週間以内
提出者本人
代理の可否可能。ただし、後日、取扱金融機関からの連絡があり融資の手続きをする際には、申込者本人が金融機関の窓口に行く必要があります。
提出方法直接窓口へ、または郵送
受付窓口本庁8階 建設局土木部雪対策室計画課
 〒060-8611
 札幌市中央区北1条西2丁目
 TEL 011-211-2682
 FAX 011-218-5141
 受付時間
 9時00分〜17時00分
休日
 土、日、祝日、12月29日〜1月3日  

及び取扱金融機関本店・各支店(個人融資申し込みに限る)
取扱金融機関については,上記までお問い合わせ下さい
問い合わせ先上記受付窓口
担当部署のホームページ札幌市の雪対策
注意事項● 申し込みに関する注意事項
1 虚偽の申請の場合は、融資あっせん及び融資を取り消す場合があります。
2 申請は、同一工事に対して1回限りです。
3 設置個所の土地所有者が申請者でない場合は、その土地所有者の承諾を得ていることが融資条件となりますので、必ず申し込み以前に承諾を得てください。
※4親等以上離れている場合は、土地使用承諾書(様式自由)を添付してください。
4 この申請書のほか、金融機関のローン申込書が必要となります。また、金融機関でのローン申し込みは、必ずご本人が行く必要があります。
5 融資申し込みを辞退し、または融資金額・希望取扱金融機関を変更する場合は、速やかに雪対策室計画課まで連絡してください。
6 連絡なく工事完了予定日を60日以上経過した場合は、融資を辞退したものとみなし、申し込みを取り消す場合があります。
● 工事に関する注意事項
1 公共下水道へ排水する場合は、建設局下水道施設部排水指導課に(排水設備設置等確認申請書)の提出が必要ですので、必ず施工前に提出して確認を受けてください(既存のますに接続する場合も同様です)。
2 敷地内のロードヒーティング工事と併せて歩道部分も同時に施行する場合の融資金額は、その設置に要する費用の面積案分となり、歩道部分については、融資の対象となりませんのでご注意願います。
3 敷地内の雨水や融雪水処理は、原則として敷地内で処理することになってます。
  冬期間、歩道上に融雪水が流出し、路面が凍結し歩行者が転倒するなどの事故につながるおそれや歩道が凍上し舗装が破損することがありますので、必ず敷地内で処理してください。
4 歩道にロードヒーティングを設置する場合は、掘削、占用手続きが必要になります。詳しくは、施工前に各区土木部維持管理課へお問い合わせください。
備考● 融資の対象機種・・・敷地内に設置する固定式の融雪槽、融雪機またはロードヒーティング
● 融資の審査・・・審査は、札幌市と取扱金融機関の両方で行いますが、市の審査が通っても金融機関では融資できない場合がありますので、あらかじめご了承ください。
● 融雪槽・融雪機をお選びいただく際に
  1 防護枠など投雪口に人が転落するのを防ぐ構造になっていますか。また、万一転落した場合にやけどをしない構造になっていますか。
  2 排気ガスが住宅に流入しない構造になっていますか。
  3 異常燃焼や爆発のおそれがない構造になっていますか。
  4 過熱防止や漏電防止装置が付いていますか。
  5 騒音等により近隣に迷惑をかけないよう、使用時間、設置場所等を配慮してください。
様式のダウンロード方法の説明へ