申請書・届出書ダウンロードサービス
 
高圧ガス製造許可申請
1日の処理能力(圧縮、液化等で処理できる容積。0℃、0Pa換算)が100立方メートル(第一種ガスは300立方メートル)以上である設備を使用して高圧ガスの製造をする場合。
注)第一種ガスとは、ヘリウム、ネオン、アルゴン、クリプトン、キセノン、ラドン、窒素、二酸化炭素及びフルオロカーボン(可燃性のものを除く。)又は空気をいう。(施行令第3条)
提出書類・ 高圧ガス製造許可申請書(一般則:様式第1)(Word形式, 35KB)
・ 高圧ガス製造許可申請書(一般則:様式第1)(PDF形式, 97KB)
・高圧ガス製造許可申請書(液石則:様式第1)(Word形式, 34KB)
・高圧ガス製造許可申請書(液石則:様式第1)(PDF形式, 95KB)
添付書類1 製造計画書(記入すべき事項及び添付すべき図面)
 (1) 製造の目的
 (2) 処理設備の処理能力
 (3) 処理設備の性能
 (4) 高圧法第8条第1号及び第2号の技術上の基準に関する事項
 (5) 製造施設の位置及び付近の状況を示す図面
 (6) 製造施設を設計・施工するに当たって保安上特に配慮した事項(コンビ則適用事業所)
2 上記に添付すべき書面又は図面
 (1) 事業所全体平面図
 (2) 製造工程の概要を説明した書面及び図面
 (3) フローシート又は配管図
 (4) 高圧ガス製造施設配置図
 (5) 機器等一覧表(材質、設計圧力、設計温度、肉厚等の記入)
 (6) 処理・貯蔵能力の計算書
 (7) 高圧ガス設備の強度計算書(特定設備、指定設備及び大臣認定品の場合は、各々の認定証の写し。)
 (8) 耐震設計構造物に係る計算書
 (9) 高圧ガス設備の基礎及び支持構造物の構造を示した図面
3 委任状(代表者の所属する法人以外の者が申請手続きをするとき。)
4 法人登記簿謄本
・(個人の場合は住民票)
5 上記2の(1)〜(9)に掲げるものの他、製造施設に応じて、高圧法第8条第1号及び第2号の技術上の基準の確認に必要な書面又は図面
申請書(様式)サイズA4
提出時期高圧ガスの製造をしようとするとき
提出者代表者
代理の可否可能(ただし、委任状が必要)
提出方法直接窓口へ
受付窓口札幌市消防局予防部査察規制課保安係
(消防局3階)
 〒064-8586
 札幌市中央区南4条西10丁目
 TEL 011-215-2050
 FAX 011-281-8119
受付時間
 8時45分〜17時15分
休日
 土、日、祝日、12/29〜1/3
費用7,400円〜560,000円(区分による)
お渡しするもの高圧ガス製造許可書
問い合わせ先上記受付窓口
担当部署のホームページ札幌市消防局
注意事項・冷凍則に係るものを除く。
・正副の2部提出
様式のダウンロード方法の説明へ