申請書・届出書ダウンロードサービス
 
地下貯蔵タンクの休止に伴う特例認定申請書(基準適合期限延長)
鋼製一重殻かつ直接埋設方式の地下貯蔵タンクを休止し、新基準(規制強化された基準)への適合期限を延長する特例認定を受けようとするときは、新基準が適用される14日までに、申請書2部及び関連する図書2部を市長に申請し、審査又は検査を受けなければなりません。
提出書類・地下貯蔵タンクの休止に伴う特例認定申請書(基準適合期限延長)(様式18の5)(PDF形式, 43KB)
・地下貯蔵タンクの休止に伴う特例認定申請書(基準適合期限延長)(様式18の5)(Word形式, 37KB)
・地下貯蔵タンクの休止に伴う特例認定申請書(基準適合期限延長)(様式18の5)・記載例(PDF形式, 49KB)
添付書類・申請に係る地下貯蔵タンクの位置が記載された図面(2部)
・申請に係る地下貯蔵タンクの危険物の誤流入措置が記載された図面(2部)
・休止届(様式18)が提出され、危険物の除去及び誤流入防止措置が行われている場合は、当該休止届及び措置内容が記載された書類の写し(2部)
申請書(様式)サイズA4(熱転写用紙は不可)
提出時期新基準が適用される日の14日前まで
提出者所有者、管理者又は占有者
代理の可否可能(ただし、委任状が必要)
提出方法直接窓口へ
受付窓口危険物施設の所在する場所の所轄消防署(出張所を除く。)予防課です。
●所在地等
 消防局・消防署(所)所在地一覧は、下の「担当部署のホームページ」をクリックしてご覧ください。
●受付時間
 8時45分から17時15分まで
●休日
 土、日、祝日及び12月29日から1月3日まで
提出していただくもの代理人の場合は、委任状及び印鑑
問い合わせ先上記受付窓口、又は消防局予防部査察規制課
担当部署のホームページ札幌市消防局
注意事項1.申請者の押印が必要です。
2.提出部数 2部
備考1.申請書を受理したときは、必要な審査又は検査を行い、支障がないと認めた場合は、当該申請書1部及び特例認定通知書1部を申請者に交付します。なお、審査又は検査に関する基準がありますので、事前に消防局又は各消防署にお問い合わせください。
2.申請に伴う手数料は不要です。
様式のダウンロード方法の説明へ