声の詳細

平成30(2018)年6月受付

YOSAKOIソーラン祭りの音量と開催時刻を改善するよう要請して下さい

市民からの声

YOSAKOIソーラン祭りについて、音楽の音量、特に低音の音量を下げるように要請してください。私の部屋は窓を閉めてもカラオケボックスにいるような状況になります。踊りを踊るのに必要な音量をはるかに上回る音量であり、非常に迷惑です。終了時刻が22時までは遅すぎるため、20時で終わるように要請してください。

回答・見解

「札幌市生活環境の確保に関する条例」において、大通公園周辺(商業地域)の音量基準は、拡声機の直下から5m離れた地点において75dB以下、放送可能時間8~22時と定められています。当祭りは地方公共団体が主催する行事のため、この条例による規定は適用されませんが、実行委員会では、自主的に条例で定められている基準を順守するルールを設け、事前に参加全チームに対し、ルールの周知徹底を図るとともに、運営側が大音量と判断した場合には、音量を下げるよう指導しております。ご意見を参考に、音量について基準の順守を徹底するよう改めて実行委員会に指導し、終了時刻の変更に関しましても、実行委員会とともに検討を行ってまいります。
【経済観光局観光・MICE推進部】
検索結果に戻る
お問い合わせ
札幌市総務局広報部市民の声を聞く課
〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎1階
電話番号:011-211-2042
ファクス番号:011-218-5165
お問い合わせフォーム