申請書・届出書ダウンロードサービス
 
分野別検索
10件の手続きがあります。そのうち1件10件を表示しています。
 
検索条件
  分野 結核
  • 医療機関の変更届
    感染症法第37条の2に基づく結核の公費負担医療を受けている場合で、結核の医療を受けている医療機関を変更しようとするときには、医療機関の変更届の提出が必要です。

  • 結核医療費公費負担申請
    結核患者の医療費負担を軽減し、安心して適正な医療を受けられるように、医療費を公費で負担する制度です。 感染症法第37条に基づく公費負担制度(保健所から入院勧告を受けている場合)と、第37...

  • 結核指定医療機関の指定を受ける
     感染症法に基づく結核患者に対する適切な医療を担当する医療機関の指定を受けようとする場合、届出が必要です。 1.新たに結核指定医療機関の指定を受けようとする場合 2.診療所から病院...

  • 結核指定医療機関の届出内容を変更する
     結核指定医療機関の指定内容に変更がある場合届出が必要となります。 1.医療機関の名称変更の場合 2.医療機関の所在地の地名地番変更(住居表示の変更等による)の場合 3.開設...

  • 結核指定医療機関を辞退する
     結核指定医療機関を辞退しようとする場合、届出が必要です。 1.すでに指定を受けている結核指定医療機関が指定を辞退する場合(業務を休止、廃止する場合等) 2.診療所から病院、または...

  • 結核定期健康診断の実施報告
    「感染症法第53条の2において、事業者等は業務に従事する者に対して、定期の健康診断(胸部X線撮影等)を実施する。」こととなっており、その健康診断結果について、健康診断を実施した事業者等が行う報告です。

  • 結核発生届
    結核の患者(疑似症患者を含む。)又は無症状病原体保有者を診断した医師は、直ちに最寄りの保健所長あてに届け出ることが義務付けられています。(感染症法第12条) ※詳細な届出基準につきまして...

  • 私立学校等結核健康診断補助金の交付申請をするには
    感染症法第53条の2により、学校及び施設の長は結核健康診断の実施が義務づけられています。 本市では、これらの学校及び施設(国、都道府県又は市町村の設置する学校及び施設を除く。)の長が行う結核健康...

  • 私立学校等結核健康診断補助金の実績報告をするには
    補助金の交付申請を行い、本市から交付決定通知の送付を受けた後、実施した結核健康診断の実績を報告するものです。 実績報告以降の手続は以下のとおりです。 1 実績報告(学校等→市)

  • 入(退)院結核患者届出
    病院の管理者は、結核患者が入院したとき、又は入院している結核患者が退院した時は、7日以内に最寄りの保健所長あてに届け出ることが義務付けられています。(感染症法第53条の11)

 
※分野別検索は、分野ごとの手続きの一覧を表示しています。
※手続き名とその説明の一部が表示されています。用途にあった手続き名をクリックしてください。